様々な病気の原因となるピロリ菌

VS ピロリ菌

ピロリ菌は主に胃の内部において生息している細菌で、胃の内壁を傷つけることから様々な病気の原因になるといわれています。
代表的な疾患としては胃潰瘍や慢性的な胃炎があげられるほか、将来的に胃がんを発症する確率も上昇するとされており、現在では日本人のおよそ半数が感染しています。
ピロリ菌の感染経路は食べ物や飲み物がほとんどで、生活環境における衛生状態が悪くなるほど繁殖率は高まっていくため、感染しやすく防ぎにくい特性を持ちます。
本来胃の内部は強力な酸性が維持されていて、大半の生物は生息できない環境下へ該当しますが、ピロリ菌は独特の活動によって胃酸の影響を受けないように逃れる習性を持っている理由から、胃の粘膜へ悪影響を与え続けてしまいます。
よって、頻繁な胃の不調や不快感が続く場合には必ず検査を受けておき、必要性があればピロリ菌の除菌を受ける選択が望ましいといえます。
除菌の処置は基本的に保険の適応外とされますが、胃の病気を発症している場合に関しては健康保険の対象となる例もあります。
また、乳酸菌などを含む食べ物の中には胃の中の細菌が繁殖することを防ぎ、病気予防に役立つものが存在しているので、積極的に摂取して病気のリスクを減らすべきです。

胃カメラでピロリ菌をみつける

胃の調子がわるくて薬を飲んでもなかなか改善しないというときは、一度胃カメラ検査をうけることをおすすめします。
胃カメラをやって胃の内部の組織をとって検査をするとピロリ菌がみつかったということがあります。
ピロリ菌というのは、胃の粘膜に生息しているらせん形をした悪い菌のことをいいます。
この菌がいることによって、慢性胃炎になっていたり、胃潰瘍や胃がんの原因になるともいわれているのです。
ピロリ菌の多くが、子供のころに感染してからずっと胃のなかに住み着いているものが多いです。
自然と胃からでるということはないです。
そのために、胃カメラをやって組織をとることでピロリ菌がいるかどうかが、はっきりとわかります。
そして菌がいるということがわかったときには、除菌をする必要があります。
いまは医師の指示のもとに処方された薬をのむことで除菌することができます。
以前は保険がきかなかったのですがいまは保険適用になったほうが、安い金額で除菌できるようになりました。
きちんと菌を排除するためには、薬の飲み忘れをしないということが大事になってきます。
大体1週間くらい薬を飲むのが一般的になっています。
いまは血液検査でも菌がいるかどうかわかるようになってきましたが、一番確実なのは胃の組織をとって検査する方法のようです。

体ケアおすすめ情報

胃がもたれるもしかしたらピロリ菌

ピロリ菌の対策に必要なもの

マヌカハニー比較ランキング情報

「ハチミツの王様」マヌカハニー